島村楽器 ユーカリが丘店 シマブロ

島村楽器 ユーカリが丘店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

~ダイナミック?コンデンサー?とても大事なマイクロフォン!~

みなさん、こんにちは!
デジタル担当の藤野です。

前回のオーディオインターフェイスの記事から期間が空いてしまいましたが、
今回は予告通り、マイクを紹介していきたいと思います。

マイクとは・・・
マイクロフォンまたはマイクロホン(Microphone )は、音を電気信号に変換する機器である。略称マイク(Mic )。

そんなこと言われても、わからんわ。
と思う方もいらっしゃるかとは思いますが、
この、「電気信号に変換する」というところが大事なのです!

「電気信号に変換する」といことは、簡単に言ってしまえば、声や楽器の音をデータにするということです。
データにする事で、音量を上げたりエフェクトをかけたりと、音を加工する事ができるのです!

マイクは、声やアコースティック楽器といったアナログな音の大切なパートナーなのです!

さて、話がそれてしまいましたが、
今回はボーカル向けのマイクを紹介していこうと思います。

マイクは大きく分けて2種類。

ダイナミックマイクコンデンサーマイクです。




ダイナミックマイク(SHURE/SM58)
f:id:shima_c_yukari:20160217182219j:plain

見慣れた形のマイクだと思います。

特徴として、
・シンプルな構造。
・高い温度や湿度にも強く、頑丈。
・大音量に対応できる。
・価格は手ごろ。

リハーサルスタジオやライブハウスではよく使われていますね。
握りやすくパフォーマンスに向いているタイプです。



コンデンサーマイク(RODE/NT1-A)
f:id:shima_c_yukari:20160217183126j:plain

見た事がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

特徴としては
・複雑な構造。
・湿気や振動に弱い。
・感度が高く、音を正確に高域まで捉える事ができる。
・価格は高め。

レコーディングなどではよく使われるタイプです。
音をよりリアルに録ることができます。


ざっくりと説明をさせて頂きましたが、つまるところ・・・

ダイナミックマイクは、
丈夫でライブ向けマイク

コンデンサーマイクは、
声の表現を的確に捉えるレコーディング向けマイク

もちろんこの使用方法は一例ですが、
この2つを覚えておけば、必要なマイクがどちらか迷わないと思います。

ダイナミックマイクコンデンサーマイクも安いものから高いものまで色々あります。
値段の違いは何なのか。

これを説明し始めたらきりがありません。

「それでも知りたい!!」という方は、
当店に是非お越しくださいませ。

私、藤野が詳しくご説明いたします!



覚悟してご来店ください。







DTM、デジタル、PA機器でお悩みの方、ぜひとも藤野にご相談ください。
次回は「ヘッドホン・モニタースピーカー編」です!

前回:~種類が色々!オーディオインターフェイス~ - 島村楽器 ユーカリが丘店 シマブロ


島村楽器ユーカリが丘店にボカロPがやってくる!
ボーカロイド曲を作ろうセミナー」の詳細はコチラから↓
【ダルビッシュPがやってくる!】ボーカロイド曲を作ろうセミナー開催! ユーカリが丘店 店舗情報-島村楽器

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.